アルキメデスが円周率を求めた方法

アルキメデスが円周率を求めた方法をScratchで考えてみました。
円周は、その円に外接する正多角形の周辺の長さより短くて、その円に内接する正多角形の周辺の長さより長い、この方法を使って円周率の近似値を計算するプロジェクトです。直径と正多角形の画数を入力します。

小学5年生で円周率が3.14と習います。
なぜ、そうなのかを少しでも分かりやすく教えたいと考えました。
実際には、円筒形の物に糸を巻いて1周の長さと直径を測定し、割り算して3.14に近い数字なることを教えたいと思っています。

https://scratch.mit.edu/projects/402964658/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です