Tello SDK2.0 User Guide にこのように記述があります。

PORT 11111で待ち受けすればよさそうです。
ビデオストリームコマンドがあります。
有効 無効
これをScratch2.0に読み込む必要があります。
Telloを動かす環境設定でダウンロードし解凍したファイルのTello.s2eをメモ帳で開き
ビデオのストリームon/offを挿入します。
こんな感じです。そしてScrach2.0を起動してShiftキーを押しながらファイルを開きTello.s2eを読み込むと下のScratch2.0にストリームON・ストリームOFFのブロックが追加されてます。
こんな感じです。次はFFmpeg FFplayのダウンロードと設定です。

Windows版はコンパイル済みのものがあります。こちらです。


Version 4.1.3 Wndows 64bit Staticをダウンロードしました。

解凍すると次のファイルがダウンロードされています。

binのファイル展開

ffmpeg ffpay ffprobeのアプリケーションがあります。
フォルダの場所を消して cmdと入力して改行

次の画面が表示されます。

binの右に
ffplay -probesize 32 -i udp://0.0.0.0:11111 -framerate 30

を入力して改行すると下の画面が表示されます。これでffplayが起動している状態です。

この状態で、nodo.jsを起動し、Telloとwifi接続し、次のScratchを作成しスタートフラッグをクリックすると、Telloがフライトすると同時に映像がWindows画面に再生されます。