Tello EDUアプリの概略の説明をします。
このアプリはゲーム感覚でプログラムを組み立てながらミッションをクリアーし徐々に上達する仕組みになっているようです。

Scrachのようなブロックが結構沢山あります。

モーション
制御
変数
演算
検知

結構、色んなことが出来るような気がします。実際プログラミングしてTello EDUを飛ばしてみます。

離陸 1秒待つ 前へ100cm 1秒待つ 後ろへ100cm 1秒待つ 着陸

実際に飛ばしてみました。

こんな感じで結構素晴らしいアプリだと思います。
しかし、Tello EDUがひ弱いのが難点です。壁にぶつかったらプロペラが飛んでしまったりします。
実際に飛ばすときは何回もシミュレーションをして広い場所でして下さい。
8畳くらいの部屋では無理があります。